« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ベジタブルガーデンNo.2

夏野菜たちが

そろそろ一息つきそうです。

一時より収穫が減り、ちょっと休憩モードかな。

ニンニクやハーブと共に

トマト、ナス、ピーマン、じゃがいもなどを

炒め煮してみたり。

野菜そのものの味を

シンプルに味わうのが一番おいしいようです。

だからコンソメなども使わず

香辛料と塩・こしょう・・野菜本来の甘みや味わいが

広がります。

煮込むときは、トマト缶も足して、ローリエを入れて煮込み

夏野菜のラタトイユ。

それをさらに煮詰めれば

パスタソースとしてもGOODです。

でも・・一番おいしいのは

やはり畑でとったばかりのトマトとキューリを切って

トーストにのせて

塩ふりかける。

トマトは甘みは「青っぽいフルーツ」って感じです。

キューリの採り立ては パキパキしつつも

やわらかく青い食感。

やはりSimpleが一番。

そんな野菜を

カフェにきてくださるみなさんに

お出しするのが夢です。

Img_1254_4 トマトの甘みがパンの甘みも引き立てます。
 
&キューリのパリパリ感。



Img_1265_2
食べきれないから幸せのおすそ分けも。





HP/  http://tinatina.spica9.com/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ベジタブルガーデンNo.1

ずっと雨だったけど

久々に太陽が顔をだした。

でも、今までの雨で地温が低いのか

結構涼しくて

夏がずっとこんな風だったらいいのになぁと

思わせる一日でした。

夜にはどこかの花火の

低い振動のような音がきこえてきて

”夏”を思わせる夕べでした。

INA-LOGでは畑も作っていて

今は夏野菜まっさかり。

トマト、キュウリ、ナス、ピーマン・・ふ~食べても食べても

どんどん取れます。

それにしても朝とったキュウリとトマトをのせたトースト・・

塩だけかけて食べるんだけど

すごくおいしい!

無農薬だから虫まるけ(方言?虫でいっぱい、虫だらけ(これも方言?)だけど。

でもきっと体にはいいに違いない。

そういう有機野菜、無農薬に近い野菜を

お店のレシピに入れたいと思っています。

Img_1239  大収穫の野菜たち。

 ナスはツヤツヤ、キュウリのイボイボは

 新しいと痛いくらい。

Img_1192

  太陽の下、ぐんぐんのびます。

  特にキュウリは朝小さくても夕方にはでかくなってる!

  油断するとすぐ棍棒のように。

     HP/ http://tinatina.spica9.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

イングリッシュガーデンNo.2

今日は少し太陽が出たけど、やっぱり雨。

夕立と稲光。

テラスから稲光が見えたりして連日すごい。

その雨の合間をぬって

草抜きを行う。

ほんとにも~雑草の勢いったら

すごいんだし。

毎週草抜きに汗を流しています。

イングリッシュガーデンのメインは

イングランド地方のロックを使った

高さのあるサークル。

コッツランド地方の岩で

その岩ももう採れなくなってきていて

貴重だとか。

色がメープル調で、ちょいTDL別世界っぽい。

サークル周りの植物ももう根付いて

ぐんぐん成長していて

今とてもきれいです。

HP/  http://tinatina.spica9.com/

Img_1189 サークルは高さをだして。

色とりどりのイングリッシュガーデン風

草花が。

Img_1199 さすがガーデンのプロ。

その色合いは見事。シックで

芸術的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

イングリッシュガーデン

ふぅ。今日も湿気で暑くてムシムシ。

北欧フィンランドログ

INA-LOGからの便りです。

LOGが建った最初のとき、

簡単な枕木をしつらえた庭だったのを

庭師さんに依頼して

イングリッシュガーデンにしてもらいました。

北欧なのにイングリッシュガーデンとは。。?

周囲の木立と調和し、自然に融合する

ナチュラル&ワイルドテイストの庭が

目的だったから。

~庭についての便りを

しばし連載していきます。

HP/ http://tinatina.spica9.com/

Img_1249   以前の画像と見比べていただけば

   庭の仕様の変化の一部がおわかりになるのでは。。

   次回 更に庭についてのコメント&画像を・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

梅雨LOG No.2

今日もすごい湿気。

INA-LOGのテラスから見下ろす

街道や麦畑は

湿気でモヤがかかっているよう。

なんだかお腹が痛くて早引き。

うーん・・変なもの食べたかなぁ・・?

この際、食欲ないんだから食べなきゃやせるのに。。

でも食べることで心がほっとするんだよね。

さすがのLOGでも

負けそうな梅雨は続く。

まぁ大雨が降るよりいいのかな。

小さな畑のベジタブルズやNat's(わんこ)までも濡れそぼる。。

雨も楽しめなきゃね。

HP/ http://tinatina.spica9.com/

Img_0236       テラスからのながめ。

       あまりの湿気に全体が 

       モヤがかかったよう。

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

梅雨のLOG

雨が降ってジメジメした日が多い今日この頃。

INA-LOGも雨に濡れそぼっています。

しかし、LOG HOUSE は当然木でできているわけで

室内は木が湿気を吸い取り、意外にカラッとしています。

洗濯物などは外に干すよりも中に干す方が断然早く乾きます。

特に INA-LOG は、床や壁にニスやワックスなどを使用せず、

木の本来の天然無垢の状態にしてあるため

木が更に呼吸しやすく、湿気がある日はその湿気を吸い込むわけです。

その分木が膨張するため、ドアなどがしまりにくくなったりもしますが・・。

それも「家(木)が生き物」の証でもあるような感じがします。

中に住む人間と共に、その入れ物である家もまた一緒に息づ いている感じです。

・・・とはいえ、木は湿気に弱いのも事実。

やはり早く梅雨が終わってほしいものです。

HP/  http://tinatina.spica9.com/

Img_0239

    LOGを向かって右側から撮影。

  どの角度から見ても隙のない作り。

  でもこの頃は入居間もないH16春。

                 今は生活用品がゴロゴロ・・草もいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

北欧フィンランドログから~

INA-beの高台に建つ
北欧フィンランドログハウス。
田園の見えるベランダより。

ここにささやかなおうちカフェを
来年度春にはOPEN予定です。


**Profeele**

はじめまして。
INAです。

このログハウスに
2005年 2月に引っ越してきました。

今年1年かけて
生活しながら
おうちカフェづくりを
していこうと。

まずはHP。

北欧風ログハウスの魅力や
生活記録、これからやりたいこと・・
いろんな楽しさを
詰め込んでいけたらいいなあ。

そのHPの中のブログがここ。

まずは、フィンランドログへやってきた所から

ストーリィをはじめようかと・・。

どうぞよろしくお願いします。

HP/ http://tinatina.spica9.com/

Img_0229_2

   撮影は昨年の春。入居したての頃かな。

    MINIのタータン(限定車)と共に。

    MINIとLOGって似合うなぁって自画自賛。汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »